読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomapoの日記

LINEクリエイターズスタンプ制作の記録や日々のことなど…

手術なの?どうなの?

 

 

最近はぐっと冷え込んできて寒いですね〜(^^;)

 

前々から言っている尿管結石ですが、運命の診察がやってきました。

 

前回の診察で「次回、石の位置が動いていない場合は手術します。」と医者から言われ、手術&入院は会社や家族、色々な所に迷惑をかけてしまうのでしたくないですよね。

一か月間頑張って大量の水を飲み出来る限り運動をしました。

 

 

関連記事

 

tomapo.hatenablog.com

 

 

tomapo.hatenablog.com

 

 

tomapo.hatenablog.com

 

 

 

あの激痛に何度も襲われる人もいる様ですが僕の場合、激痛が襲ってきて救急で病院に行った最初の日以外は、痛みが一度も無い事は幸いです。

 

しかし、何らかの体の変化が無いために「大丈夫じゃないか?」と気持ちが緩みそうにもなります。体の変化があるならば、それに向かって頑張っていけるのですが、何も無いと健康そのものなので石を出すための努力が苦しいです。

 

水は毎日2リットル以上飲みました。なかなか2リットルを飲む事は苦しいですね。

運動は、振動があると石が下に落ちるとネットに書いている人がいたので、縄跳びや会社で隙を見てピョンピョンと飛び跳ねていました。

ひと目につかない所でやっていたのですが、一度女性社員に目撃され「何してるんですか?(笑)」と失笑されてアタフタなりました(笑)

f:id:tomapo:20150708114000p:plain

自転車は楽だし振動がないだろうと思い、早歩きで一時間程のウォーキングを体に振動が来るように歩いていました。

 

いろいろと努力をしているのですが、体に何の変化も無いのでちょっとイライラもしてきましたし、仕事が忙しくて運動が全然出来なくなった時は、「終わった…これで手術になったらもうしょうがないな。」と、ちょっと覚悟しました(T0T)

 

そんな時、極力歩くようにしていた僕ですが、たまたま自転車に乗る機会がありました。すると、目的地に着いて自転車を降りた時に腰の当たりに何か違和感を感じました。

 

「え!石が動いたのか?」

 

今までに無い感触にちょっと希望の光が差し込んできた気がします。

それ以来、ウォーキングを自転車にチェンジして夜な夜な走り回りました。特に坂道等で立ち漕ぎをした時に腰をクネクネさせるのが良い感じがしました。

 

 

そして診察の日、「石が動いていますように!」と祈る気持ちでCTを撮り、先生の見立てに緊張して話を聞いた所

 

「石が動いていますね!膀胱のすぐ側まで来ているので手術は無しで、来年の2月まで様子を見ましょう。」

 

と言われた瞬間嬉しかったです。努力の甲斐がありました!

 

まあ、まだ出てしまった訳ではないので喜ぶのは早いですが、、、、、、

とりあえず、全然動かなかった石が下りてきていたのは嬉しいです。最後の一週間で自転車に切り替えたのが良かったのでしょうかね?

 

 

ではでは

 

 

 

 

 

下記URLにてtomapo制作のLINEスタンプ「もっちぃ2」販売しております!

http://line.me/S/sticker/1153643

もし気に入っていただけたらお願いいたします。

f:id:tomapo:20151027103034j:plain

 

 

 

 

下記URLにてtomapo制作のLINEスタンプ「もっちぃ。」販売しております!

http://line.me/S/sticker/1127732

もし気に入っていただけたらお願いいたします。

f:id:tomapo:20151027103049j:plain