読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomapoの日記

LINEクリエイターズスタンプ制作の記録や日々のことなど…

フェルメールの「天文学者」を見てきました!

f:id:tomapo:20150629092647j:plain

ルーヴル美術館のコレクションから厳選された83点が日本に来ている「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」を京都市美術館へ見に行ってきました。

 

今回の目玉はオランダを代表する画家、フェルメールの「天文学者」が初来日です。

 

ヨハネス・フェルメールは、17世紀にオランダで活躍した画家で、初めは物語画家でしたが日常の生活を描く画家へと転向し、光を上手く表現した作品が特徴だと思います。

真珠の耳飾りの少女」などが有名ですね。

真珠の耳飾りの少女のターバンの青い色は、ラピスラズリを原料とした青色で描かれていて、当時ラピスラズリの価値は純金と同じくらいなものだったそうです。

義母が裕福だったり、居酒屋や宿屋を経営していたりで結構裕福だったみたいですね。

 

フェルメールの現存する作品数は35点ほどらしいです。そのうち「レースを編む女」と「天文学者」の2点がルーブル美術館に所蔵されていて、「レースを編む女」は2009年に来日していたのですね。そう言えば見に行った友人からお土産をもらっていました。

 

今回目玉の天文学者ですが「小さっ!」というのが感想ですね(笑)

 

というのは冗談として、事前に山田五郎さんとおぎやはぎの番組「ぶらぶら美術館」のルーヴル美術館展を特集した回を見ていたのでより楽しめたというのも一因でもありますが、混み混でしたが、なかなか見られない絵画を見ることが出来て満足の休日でした。

 

 

 

f:id:tomapo:20150629092729j:plain

昼食の写真は、これしか無かった。写真よりも食に走ってしまった(笑)

 

 

f:id:tomapo:20150629092756j:plain

清水寺付近の三年坂では、チョコレートプラネットの松尾さんを見かけました。京都でライブがあったのですね。ラッキーでした(笑)

 

 

 

下記URLにてtomapo制作のLINEスタンプ「もっちぃ2」販売しております!

http://line.me/S/sticker/1153643

もし気に入っていただけたらお願いいたします。

 

f:id:tomapo:20150626123925j:plain

 

 

 

下記URLにてtomapo制作のLINEスタンプ「もっちぃ。」販売しております!

http://line.me/S/sticker/1127732

もし気に入っていただけたらお願いいたします。 

f:id:tomapo:20150522123202j:plain